経験が必要になる

看護師として働いている人は、勤務した先で配属された科によって経験できる仕事の内容が変わってきます。大きな総合病院であれば、自分がやりたい希望の配属先を聞いてもらえるのかもしれませんが、例えば小さな個人院で決まった科に就職した場合そうはいきません。決まった分野での対応しかできなくなります。

しかし、医療の第一線で活躍することのできるとてもやりがいのある仕事の一つにフライトナースという職業があります。フライトナースを目指すためには看護師としての経験が5年以上、救急医療の経験が3年以上必要になるようです。なぜなら、全身の疾患に対しての処置ができる力がないと、実際の現場では対応できないからという理由でした。救急医療の現場で勤務している看護師さんも、フライトナースも知識、精神力、体力、技術においてすべてが揃っていないとできない仕事だと感じました。ただでさえ大変なのに、人材が足りなければより大変な仕事になってしまいます。
ですが、第一線で豊富な知識を駆使して磨き上げた技術力を活かして患者さんの応急処置にあたるという行為は、何物にも代えがたいやりがいを感じることができると思いました。実際に医療の現場ではフライトナースが少なく、必要としている病院が多いようです。限られた病院でしか求人がない、長い経験が必要、という点は希望者が少ない原因かもしれません。もっと世の中にフライトナースが魅力ある職業だということを知られれば、身近に感じることができるでしょう。これからフライトナースを目指す人は、専門的な経験を積むために救急医療の看護師の求人を探すと良いでしょう。